HS自作デッキコンテスト ということでTierにはまず入ってはこないけど、ガジェッツァン発売以来、個人的に細々とブラッシュアップしながらズーっと使い続けているデッキを紹介します。

肉ロック?知らない名前ですね。

 


 

◆リスト

[デッキコード]
AAECAYO6AgyMAqQDg6wC4KwC3K8CqbQClL0Cyb8C3sQCps4CgNMCpOcCCbQB7QLdCPKwApK2As+8Avm9Avq9AoHCAgA=

ガジェ解禁早々に翡翠軸ならドルイドの方が万倍強い、百歩譲ってもシャーマンの方がまだマシという評価に落ち着き、さらにはデッキの要であった掘り起こされたラプターがスタン落ちしてしまって以降はめっきり見かけなくなった翡翠ローグですが、環境を経るごとに地味にその力を増しつつあります。
ドルイドの方が動き回るマナだの究極の侵蝕だのと環境ごとに力を増しまくってますがそういう話は他所でやってください


◆気を付けること

・影隠れがありとあらゆるにミニオンに対して利用できますが、安直にSI:7とかを戻すとあとで泣きを見ます。本当に使わなければいけない状況かをしっかり見極めましょう。

・狐のマリンは必ずボックスを壊す手段(ヴァイルスパインや堀に潜むもの)が手札ないし盤面にある状態で出しましょう。現環境では常にボーンメアされるものと思ってプレイするように。

蒐集家シャクは入れ替え候補ですが、ドロー手段がない構築なので相手クラスのカードを持ってくるミニオンたちは生命線になりえます。というわけで現状は保留。候補者はエドウィンが筆頭、次点で2枚目の調剤師。

 


◆戦績

狐のマリンが実装されてからのものですので母数は少ないですが以下の通りです。(ランク20⇔16調べ)

メイジ:2-0
ローグ:2-1
ドルイド:2-2
パラディン:1-0
ハンター:1-1
ウォーロック:1-1
プリースト:0-1
ウォリアー:0-2
シャーマン:1-3

とりあえず全ヒーロー1回ずつマッチするまで回してみました。意外と早く終わってホッとしております。(やはりパラが最後でしたが)

そしてハイライトSS。

IMG_1372
メイジミラー。ゼロマナアヤ様、スーパーバリュー。

IMG_1374
黒騎士見参前に投了。

IMG_1375
翡翠シャーマンにも負けない展開力。

IMG_1376
翡翠ドルもこの通り。

IMG_1379
戻し放題プラン。

IMG_1380
3マナ12点ggwp。

 


◆あとがき

翡翠や旧神との付き合いも今年いっぱいですので両方遊べるこのデッキをこの機会に是非一度お試しください。

こういう実績ゼロでも参加できる祭りを、待っていた!(ヒョヌ感)(特定審査員狙いの姑息な掴み)

 


◆リスト

29lock20171109

[デッキコード]

AAECAcn1AgavBNsGp84Cl9MCnOICneICDDCTBPcEyQfOB8QIzAj2rgK8tgL3zQKVzgKr0AIA

 

察しの良い方はピーンときたことでしょう。

そうです、このデッキはミートワゴンに事前評価で最高得点をつけた愚かなブロガーの苦心の塊であります。

あとタルダラム公爵の不遇っぷりにシンパシーを感じて無理やりねじ込んだという側面もあります。

溢れ出る闇鍋臭をご堪能ください。

 


◆やりたいこと

ミートワゴン

召喚ポータル

色々出す

楽しい!!!!!

 


◆気を付けること

・マリガンは全力ケレセス。アグロ確定の場合は時間稼ぎの意味合いでヴォイドウォーカー1枚キープはアリ。

・ミートワゴンが手札や盤面にある状態でケレセスを出すとミートワゴンが4/1/4のただのワゴンになるので要注意。

・本当の意味のでキーカードはドレッドロードDKグルダンだけです。それ以外のカードを惜しんでドゥームガードを出さないのはDKグルダンのバリューを下げるだけなのでガンガン投げてください。

 


◆戦績

2017/10 ランク8 ⇔ 6 :22試合

2017/11 ランク18 ⇔ 16 : 9試合

煮詰まりきるまで死ぬほど負け越しているのでこれらの戦績は今のリストになってからのものです。

 

ドルイド:3-3

全体除去が切り裂きしかないのでちゃんと回れば思いのほか勝てます。盤面をとってからネルビアンを置いて究極を使わせないムーブまでできれば満点です。
こちらがパーフェクトムーブの様子。

IMG_1368

 

プリースト:1-7

ほぼすべてのこちらのミニオンはドラポで死にますので、いかにドラポを切らせるかの戦いになります。

ハイランダープリはだいたい幻視込みで2枚のドラポを撃ってくるのでどうにかして2枚切らせてからDKグルダンを着地させましょう。

唯一の勝利はvs沈黙プリだけでしたが、相手がこちらのムーブに混乱しているうちに勝ててしまったので実質vsプリは必敗と思って差し支えないと思います。

このマッチアップだけでラダーにこのデッキを持ち込む愚かしさがお分かりいただけるでしょう。

 

メイジ:0-2

残念ながらこのリストではまだ勝てておりません。

デッキ煮込み中にネルビアンのおかげでクエメを殺せることがありましたが、秘策メイジやテンポメイジには勝つ目はありません。諦めましょう。

 

ローグ:2-3

相手の盤面を空にし続け、ボーンメアが着地できないうちに10マナまでもつれ込ませれば勝てます。

ケレセス合戦に持ち込まれると厳しい。

 

シャーマン:0-2

退化gg。普通のデーモンロックでも勝てないのに勝てるわけないだろ。

 

ウォーロック:1-3、ハンター:0-1

シャーマンもそうですが、延々と小物をパラパラ出し続けてくるタイプのデッキにはだいたい競り負けます。

今回のデッキではパラにマッチングしなかったので測定できていませんが、たぶん分の悪さはこれらと同程度でしょう。

 

ウォーリアー:1-2

たしか1勝はファティーグヲリ、2敗は海賊ヲリでした。

ファティーグヲリはかかってこい!を無暗に連発してくれたおかげで ネルビアンをコピー含めて3体並べたから勝てただけなので、普通にやったらたぶん負けます。

 


◆あとがき

言うまでもありませんがデッキ自体をオススメしたいわけではありません。

せっかく時間や現金を費やして集めたカードを使わずに「みんなが弱いと言っているから」「誰も使っていないから」を理由にコレクションに眠らせておくのはもったいないではありませんか。

タルダラム公爵はエピック引換券ではありません。

ミートワゴンは無限の可能性を秘めています。ベンもそう言ってる。

是非、今一度、コレクションと向き合ってみてください。次のTier入りデッキのヒントが、もしかしたら見つかるかもしれません。

 

もしこのデッキリストを見て、「楽しそうだな、私もなにか個性的なデッキを作ってみよう」と思っていただけたなら幸いです。

もしこのデッキリストを見て、「よし、それじゃあタルダラム公爵持ってないから作ろうかな」と思ったならば悪いことは言わないからやめておけ。今は時期じゃない。

 


 

ご精読いただきありがとうございました。

なお、この記事を書き上げた後にランク16から20まで奇跡的に12連敗したことを付記しておきます。

現在取り組んでいるデッキ、ハイランダー23公爵肉ロックもまとまり次第、公開いたしますのでお楽しみに。