実験台OTKプリースト ノスヽメ

testsubject

「これがいつまで続くんだ・・・」

 

こちらはDogが生み出し、Kolentoが改良して配信したことで一躍有名になった実験台OTKプリーストの初心者向け解説記事です。

最初にお断りしておきますが、こちらの記事はハースストーンに熟達した方向けのものではありません

判断の遅れ、処理順番間違えなどの凡ミスを頻繁に起こしてしまう人のための導入書のようなものだとご理解ください。

そのため、一部記述において最適解ではないが失敗しないための保険として有用な方法を推奨したりもします。

また[影の狂気]を絡めたコンボはこの記事では解説しません

[影の狂気]はOTK達成の幅が広がる興味深いカードではありますが、相手のミニオンの並べ方次第でプレイングが大きく分岐するため、このデッキに慣れるまで採用すべきではないと考えております。

以上のことをあらかじめご了承の上、読み進めていただきますようお願いいたします。

このデッキは強いのか

率直に言って、環境を席巻するパワーはありません。

[アイスブロック]の無い現スタンダード環境では、決まれば確殺という強いインパクトを持ちながらもあまり流行っていない理由は大きく分けて2つあると考えます。

1つはアグロが大暴れしている現環境ではパーツを揃えきるまで耐えられないこと

そしてもうひとつはパーツが揃っても直ちにOTKできるわけではないというプレイングのややこしさ

実際、Youtubeに行けばOTKパーツを揃えたにもかかわらず手順を誤ってコンシしている配信プレイヤーの動画がゴロゴロ転がっています。

しかし一見、複雑怪奇に見える手順も、プレイングにおいて気を付けるポイントはいたってシンプルなものであり、コツさえ押さえればそんなに難しいものではありません。

全盛期のパトロンウォーリアの半分以下の難しさといえば老人には通じるでしょうか。

では、その使い方と注意点についてここから説明していきます。

基本の動き

このデッキの核となるカードは以下の6種であり、これらを手札に持ってくることがOTK達成への第一歩となります

・[光熱のエレメンタル] 1枚 or 2枚

・[鮮明なる悪夢] 1枚 or 2枚

この2種類は合わせて3枚以上が必要になります。
[光熱]1枚なら[悪夢]2枚、[光熱]2枚なら[悪夢]1枚が最低限必要な枚数です。
例えば[光熱]がすでに2枚手札にある状態であれば2枚目の[悪夢]を探しに行く必要はありません。

・[神授の霊力] 1枚

・[アベコベーター] 1枚

・[実験台] 1枚

・[石牙のイノシシ] 1枚

これらの4種類はすべて1枚でスタートできます
[アベコベーター]は2枚あった方がOTK作業はより気楽になりますが必須ではありません。

どのタイミングでOTKを始める?

厳密にいうと[光熱]2枚でスタートするケースであれば8マナ[光熱]1枚でスタートするケースは9マナあればOTKの達成は可能です。

が、ライフに余裕がある場合や心霊絶叫などのリセット手段が手元に用意されている場合は10マナまで着実に下準備を進めることも検討してください。
上記のマナ数はあくまで「1枚も順番を間違えずにカードを切れた場合」のものであり、一つ間違えると取り返しがつかないことになります。ありがちなのは[光熱]1枚スタートで始めたにもかかわらず、[悪夢]で[光熱]を増やす前に[実験台]に[神授の霊力]を撃ってしまうケース。
マナに余裕がない場合、この時点でOTKは失敗です

次のターンまでもちそうにないなどの火急の対応を要する場合でなければ下準備に徹しましょう。

具体的な下準備とは以下の2つです。

・OTKに必要のないカードを使い切る

OTK失敗の一番の原因は[悪夢]を複製しすぎて[アベコベーター]が手札から消えてしまうことです。
特に[アベコベーター]はOTKスタートから枚数が変わらない呪文であるため、万が一、手順を誤って消滅させてしまった場合、もはやコンシードする以外の道はなくなります。少し上で[アベコベーター]が2枚あると「より気楽」と書いたのはそういう意味です。
実験台の断末魔から出た[アベコベーター]が手札からこぼれたとしてももう1枚あるので、そのまま複製作業を続行することができます。
OTKに利用しないカードはスタート前にすべて使い切り、利用できる手札の枠を最大にしておきましょう
[霊魂鞭打]を持ったままスタートするのもやや危険です。
スタート後に誤って暴発させてしまった場合、[悪夢]で複製した[光熱]と[実験台]が死に、ただちにOTK失敗になります
次のターンにOTKスタートする算段が整った場合は空打ちでもいいので使ってしまうことをお勧めします。
どうせOTKスタートしてしまえば結果はどうあれ、次のターンを迎えることはないのですから。
※ただし相手の盤面に聖なる盾持ちの挑発ミニオンが多い場合などは[光熱]2枚からまず[霊魂鞭打]を打って聖なる盾を剥がすプレイが有効になるため、このデッキに慣れたら、状況を見て使い分けられるようになりましょう。

・スタート後のプレイ順番をシミュレーションする

このOTKデッキの一番の敵は対戦相手ではなくロープです
スタートしたら1分30秒の間に相手の顔面にOTKパンチを叩き込まなければ負けになりますが、慣れないうちは時間の余裕は全くありません
自分のターンが始まった瞬間に動き出すことが必須となります。
もし一瞬でも動き出しに躊躇ってしまった場合は大人しくそのターンをやりすごすべきです
このデッキにおけるOTK失敗 = 敗北確定であること強く意識しましょう。

準備完了、さぁどうしよう

手札は揃いました。

次のターンからOTKスタートです。

どういう順番でなにをするべきかは決まりましたでしょうか。

色々なサイトで説明されつくしている内容なので具体的にどういう手順でプレイするかについては省略しますが、失敗を避けるためにやった方がいいことを2つあげます。

・さっさとミニオンを全部出す

呪文は[光熱]によってコストが下がりますがミニオンはお値段据え置きです。スタートとともに場に並べましょう。手札に置いておいても意味はありません。
この時、[イノシシ][光熱][実験台]の順番を常に同じ順番で並べることを意識しましょう。
理由は呪文のプレイミスを無くすためです。
特に[光熱]2体の間に別のミニオンを置くことは避けた方が無難です。
[神授の霊力]と2枚目の[アベコベーター]と余剰の[悪夢]以外の呪文は対象を間違えた瞬間に即OTK失敗となります。
確実かつ素早く対象を選択して処理を進めるためには「無意識でできるルーティン」を組み立ててしまうことが成功への近道となります。

・[実験台]にかける[神授の霊力]は3枚

色々な要素があるため一概には言えませんが、[実験台]に4枚目の[神授の霊力]をかけてしまうと失敗するケースが多くあります
具体的に例を挙げてみてみましょう。
下は[実験台]に[神授の霊力]を4枚使った場合に[実験台]を割っていった後の手札の数の推移です。
※最初に手札に[神授の霊力]を2枚、[アベコベーター]を1枚持っていたものとします。
※対戦相手の盤面にミニオンはいないものとします。

・[悪夢][霊力][霊力][アベコベ] 4枚
・[悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 7枚
・[悪夢][悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 8枚 +[悪夢]の余り1枚= 9枚
・[悪夢][悪夢][悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 9枚 +[悪夢]の余り2枚= 11枚
つまり4回転目で[アベコベーター]が手札からこぼれてOTK失敗になるということです。128点の体力を持つケツデカイノシシを作っただけで終わりました。

では[神授の霊力]の使用を3枚に留めた場合はどうでしょう

・[悪夢][霊力][霊力][アベコベ] 4枚
・[悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 6枚
・[悪夢][悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 7枚 +[悪夢]の余り1枚= 8枚
・[悪夢][悪夢][悪夢][悪夢][霊力][霊力][霊力][アベコベ] 8枚 +[悪夢]の余り2枚 = 10枚
4回転しても手札は10枚ちょうどです。すべてのカードが手元に残り、かつイノシシのサイズも4枚のケースと同じサイズに育っています。
OTKするには十分すぎるサイズと言っていいでしょう。

では、かける[神授の霊力]を2枚にすればもっと回転数が稼げるのでは?
答えはYesですが、正しいプレイではありません。
実際にプレイしてみるとわかりますがこれ以上の回転はロープが許しません
4回転目が終わったあたりでロープの火花が画面左から顔を出し始めます。
一刻も早く[イノシシ]を相手の顔面に叩きつけなければなりません。
ここまで来て時間切れになぞなろうものなら、対戦相手はこちらがコンシードするまでエモートを連打してきます。ただでさえヘイトの高いアンドゥインくんの失策とあれば、当然のことです。
そういう意味で自由自在に使いこなせるようになるまでは3枚プランで進めることを強く勧めます

もちろん、ここで説明した内容は「相手の盤面にミニオンがいない場合」に限ります。
対戦相手の場に攻撃力を持ったミニオンがいる場合は、そのミニオンに余っている[悪夢]でコピーした[イノシシ]をぶつけることで手札のスペースを開けることはできますので、上記の通りの手札枚数推移にはなりません。
ただしそれをするためには「コピーしてぶつける」という余分な2手が発生します。
完成した巨大イノシシを最後の[実験台]から吐き出された[悪夢]でもってコピーしながら壁に叩きつけるだけで突破できる局面がほとんどである以上、あまり実践向きなテクニックとは言えません。

練習あるのみ

基本的な部分は理解いただけたと思います。
あとは反復練習あるのみです。
いつもならこの手のテクニカルデッキは酒場のオヤジをサンドバックにして腕を磨くのが通例でしたが、今回は素晴らしいシミュレーターが有志の手によって作られました。

https://patashu.github.io/Combo-Priest-Simulator/

こちらを利用させていただき、納得のいくまで反復練習しましょう。
ただし注意として、カード自体の処理が本番環境よりかなり早いです。
このシミュレーターで1分30秒ギリギリ達成が続くようであれば本番環境では確実に時間切れです
最低でも1分を切るぐらいは目指すようにしましょう。

最後に。

先行入力できないスマートフォン勢は大人しくメックトゥーンプリを使おう!